SBI FXトレードは1通貨取引から可能、スプレッドも狭くFXを始める口座に最適!

スポンサーリンク

最近、注目度の高いFX取引会社がSBIFXトレードです。

 SBIFXトレード

とにかく目立つのは業界最狭水準のスプレッド幅でしょう!

splist_140117

上記は2015年7月時点でのスプレッド幅です。
注目したのが下2桁まで細かく競争させている部分ですね。

私がFXを始めた頃は1銭単位でのスプレッド競争でした、3~4銭があたりまえで1万通貨あたり300~400円の手数料の中、1銭スプレッドなら100円という手数料で手数料に強い業者はそんなイメージでした。

その後、さらなるスプレッド競争が1銭以下の小数点1の単位になり0.3pipsあたりまでドル円は下がりました。これでも1万通貨あたり30円、1000通貨ならなんと3円の手数料です。

SBIFXトレードは更にその下のコンマ2までスプレッドを細かく下げています。

他の業者があまりそこまで踏み込んでいないので、スプレッドで強いと際立っている要因です。

業界内で手数料が確実に安いという安心感の他に、もう一つ注目したい点があります。

それは「1通貨単位」から取引可能という点です。

これがFXを始めるには最適だと思います!1通貨単位となるとご察しの通り殆ど動きません。またにドル円が100円から120円になったとしたら20円変わる程度です。それなので現実味が薄い取引ではありますが、まずはとにかく少額からでも実際のお金を動かせることに意味があると思います。

500yen

しかも口座開設時に500円を取引口座に入れてもらえるキャンペーンがあります。

この500円はリアルマネーですので、例えばですが取引単位を1通貨単位でFXでどの程度変動するのか体験することが出来ます。各FX口座ではデモトレードがあり、私自身FX初心者のかたにはデモトレードなどを利用して欲しいと思っていますが、実際にやってみると仮想通貨での取引は、イメージが湧きにくいです。

SBIFXトレードは1通貨単位から取引できる点と、口座開設時に種銭として500円を用意してくれるので、FX取引の感覚を掴むにはバッチリの口座だと思います。

もちろん上記キャンペーンは、取引にし易さを体感してほしい部分と、スプレッドの狭い部分を体感して欲しいために行っている取り組みですので、慣れてきたら取引量を増やしていけばいいと思います。

また信頼のSBIグループですので取引口座としての安心感も見逃せません。

SBIFXトレード

 SBIFXトレード

個人的にホームページのデザインセンスが少し謎な部分もありますが、デザインセンスと実力は別です。

2015award

やはりといいますが手数料部門で2015年オリコン一位を取っています。手数料を少しでも安くしたいという人が乗り換えているんだと思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ