3分で分かる、FXの基礎知識

スポンサーリンク

FXとは?

FXとは正確には「margin Foreign eXchange
trading」の略であり、
外国為替証拠金取引を意味します。
外国間の通貨を売買して、利益を出そうという取引のことです。

例を挙げますと為替レートが「1ドル=100円」の時に、
100万円で10,000ドル買ったとします。

円安になり「1ドル=110円」になった場合、
持っている10,000ドルは110万円に交換することができ10万円の利益が出ます。

反対に円高になり「1ドル=90円」になった場合、
持っている10,000ドルは90万に交換することしか出来ず10万円の損失が出ます。

このように異なる2国間の通過を売買取引して、
color="#ff0000">為替の差額により利益を出す仕組みがFXです。

スワップという金利の発生

FXで通貨を売買し、ポジションを持っているとスワップ金利という
金利差による利子が付いて、利益が出たり損失が出たりします。

スワップ(Swap)とは英語で、「交換する」、
金融では「債務を交換する取引」と考えることができます。

例えば、豪ドルの金利が5%、日本円の金利が0.5%だったとしましょう。

この時、豪ドルを日本円で買う(ロング)ポジションを持てば、
豪ドルと日本円の金利差5-0.5=4.5%程度のスワップ金利を得ることができます。

しかし逆に豪ドルを日本円で売る(ショート)ポジションを持てば
-4.5%程度のスワップ金利を払う必要があります。

スワップ額は取引している業者によって変動がありますので
一概に決められませんが、金利差によっておおよその値が決められます。

FX業者ではスワップカレンダーとして10,000通貨単位で
1日何円のスワップ額になるかを示しています。

colspan="4" noWrap align="center">スワップ金利 
noWrap>通貨ペア  10,000買  10,000売  noWrap>VALUE 
noWrap>ドル/円 4 class="CURRENCY">円 -7 class="CURRENCY">円 noWrap>08/04-08/05
noWrap>ユーロ/円 4 class="CURRENCY">円 -7 class="CURRENCY">円 noWrap>08/04-08/05
noWrap>ユーロ/ドル 0.02 class="CURRENCY">米ドル -0.07 class="CURRENCY">米ドル noWrap>08/04-08/05
noWrap>ポンド/円 13 class="CURRENCY">円 -18 class="CURRENCY">円 noWrap>08/04-08/05

スワップ金利表の例:スワップが有利で有名な href="http://www.accesstrade.net/at/c.html?rk=0100337n003ycu"
target="_blank">セントラル短資FX src="http://www.accesstrade.net/at/r.html?rk=0100337n003ycu" width="1"
height="1">より

低金利政策が続く日本では、日本円でも持っていても金利が付かず
増えないため、ロングポジションで外貨投資を行いスワップ収益を得る
スワップ投資という考え方もあります。

資金が少なくても大きな取引ができる

FX取引の大きな特徴が color="#ff0000">レバレッジと呼ばれるてこの原理です。
レバレッジ(leverage)は資金を担保(証拠金)にして、
その数倍~数百倍などの金額を取引する仕組みです。

レバレッジは無い資金で大きな取引ができるので
魔法のようなものとよく言われたりしますね(諸刃の剣とも言う)。
魔法とまでは言いませんが、FX取引の醍醐味であることは間違いないです。

例えば、あなたの投資に使える資金が10万円しかないとしましょう。

レバレッジの概念が無いとすると
「1ドル=100円」の時にドル円の取引をしたい場合。
10万円分、1000ドル分しか取引ができません。
つまり1円動いても1,000円程度の利益や損失です。

しかしレバレッジが100倍ですと
1000万円、1,000,000ドルの取引が出来ます。
利益や損失も同じ1円の動きで10万程度になりますね。

レバレッジのお陰で、自分の持っている資金以上の取引ができます。
レバレッジを高くすると、ハイリターンを得る可能性があるわけですが、
その分ハイリスクにもなっていることに注意して、
color="#ff0000">自分でリスクコントロールをすることが大切です。
 

1日中24時間取引可能

FX取引が人気になる一つの要素がこれでしょう。

同じ金融商品である日本の株式ですと9時から15時までと
日本の市場が開いているときのみの取引ですが、
FXでは世界の取引所が舞台ですので24時間取引が行われています。

サラリーマンや、育児中の主婦など忙しい方にも
24時間開いていますので、時間に拘束されることがありません。

また注文もネット上で取引できるため、携帯を使った取引など
常に取引環境を得ることも出来ます。

このように、日ごろ忙しい方にも金融取引に参加できる、
またレバレッジも扱えて大きな取引ができることから
FX取引が人気のある金融商品にしたとも言えますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ