ビットコイン取引を始めるなら国内ではやはりbitFlyerか?bitFlyerの特徴

スポンサーリンク

資金分散の1つとして、また完全な投機スタイルとしてビットコインの活用も考えないといけない時代となりました。当方も少しはビットコインを触っておこうと思い口座を作成しましたので紹介致します。

bitFlyer

bitFlyer

とりあえず現在、国内で一番利用されているbitFlyerです。その特徴を紹介します。

bitflyer

bitFlyerは、三菱東京UFJ・三井住友海上など大手金融グループ傘下のベンチャーキャピタルやリクルート・電通・GMOなどのグローバルカンパニーから出資を受けている日本最大のビットコイン企業です。
日本のビットコイン事業者では唯一監査法人(新日本有限責任監査法人)との契約を締結しており上場企業と並ぶ企業ガバナンスを実現、あらゆる側面からお客様に安心してお取引頂ける環境を提供しています。

ビットコインはまだまだ認知度が低い点で怪しい取引を連想しやすいですが、しっかりとしたビットコイン事業者では大手金融グループやベンチャー企業がバックとしてついています。

その資本力と技術力によりbitFlyerは取引システムも結構使いやすいです。

bitflyertool

シンプルながら利用したい機能がまとまっている取引画面も提供しています。

また、一番気になるところがセキュリティ面だと思います。

ビットコインのセキュリティとして

  • マルチシグネチャ

署名を複数にするところで、高セキュリティのウォレットを構築しています。重要なプライベートキーが1つ漏洩してもマルチシグネチャでは攻撃を防げます。それぞれの鍵を別の部分に保存しておけばかなり強固なセキュリティ対策になるでしょう。

  • ゴールドウォレットに80%以上を保管

FXでいう分別保管のような仕組みですね。金庫のような仕組みと考えておけば良いかもしれません。多段の物理的なセキュリティロックがかかっているようです。

  • 自社開発のビットコインデーモン

自社開発のため脆弱性が突かれにくいのが特徴です。

bitflyerは出来る限りの最先端のセキュリティ対策を行っている模様で、安心感はかなり出てきていると思います。

bitFlyer

bitFlyer

まだまだビットコインは早いと考えている人でも、そろそろ口座を持っておいてその仕組の勉強などはしておいたほうが良いと感じてきております。

ブロックチェーン技術を用いた金融革命は日々進んでおり、新しいものに早く手を付ける人が得をする部分もあります。少なくとも機動的に動ける状態にはしておきたいですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ